本文へスキップ

長寿の島 子宝の島 闘牛の島 徳之島から元気をお届け!

電話でのお問い合わせは

099-295-8720

ウコンの違い



効果・効能等を表示することは、薬事法・健康増進により禁止されています。

みなさん!ウコンはすべて一緒
どのウコンも一緒と思っていませんか?

ここでは、弊社が扱っているウコン3種類に
関して簡単にお伝えいたします。



● 春 ウ コ ン
【別名:キョウオウ】


 
弊社が販売以来、お勧めしている
ウコン1つになります。

 春ウコンは、
ショウガ科クルクマ属の植物で
根茎を使用します。

 植え付けは3月~4月におこない、
1月下旬~2月頃に収穫がはじまります。
 背丈は2メートル位まで
大きく成長します。

 春ウコンは「生薬」に使われるウコンで、きれいな薄い黄色でですが、
味は強烈に苦い!が、
スッとさわやかな後味もあります。

これが春ウコンの特長になります。
 ウコンの中で一番バランスのとれた
ウコンになります。
※春先にピンクの花を咲かせることから
『春ウコン』と呼ばれています。


● 紫 ウ コ ン
【別名:ガジュツ】
 

紫ウコンはクルクミン(黄色色素)が
非常に少ないウコンになります。

殺菌・健胃作用が他のウコンよりも
強いウコンになります。

 植え付けは3月~4月におこない、
1月下旬~2月頃に収穫がはじまります。

 背丈は2メートル位まで
大きく成長します。
 断面は、白と薄い紫色ときれいです。

 味は少し苦いですが、
後味がサッパリした
清涼感の強い味です。

 ウコンの中では、健胃作用が
一番強いウコンになります。

※春先(4月下旬頃)に紫の花を咲かせることから『紫ウコン』と呼ばれています。


● 秋 ウ コ ン
【別名:ターメリック・ウコン】

 
知名度が一番強いウコンになります。

他のウコンと比べると、
苦味は少ないため香辛料や食品の添加物等
として広く利用されています。

身近な物ではカレー粉やお菓子の
着色料としても
使用されているほか、
たくあんなどのお漬け物の着色
としても利用されています。

また、日本では昔から衣類や布などの
染色料として使用されていました。
ウコンで染色したすることで、防腐作用が
あるとか言われていました。
※夏から秋にかけて白い花を咲かせることから『秋ウコン』と呼ばれています。